スタッフブログ

出逢いを逃した話★

こんばんは★
プランナーの絵理です。

昨日、郵便局の帰り道で、男性(推定26歳)に声をかけられました。

「コンビニはどこにありますか?」
と聞かれました。

さぁどうでしょうか、この質問。
今や、どこもかしこもコンビニだらけの時代です。
コンビニの国と呼んでもいいくらいです。

そんな時代に、「コンビニはどこであるか」など聞くでしょうか。
私は思いました。

これはナンパである。と。

最寄りのコンビニを教えると、案の定その男性は、
「電話番号を教えてくれ」
と言ってきました。

一瞬悩みました。
果たしてこの男性が自分の旦那になってもいいだろうか…。(未来の旦那に置き換えて考えるというのは私の癖です)

女に軽々しく声をかけるような男だ。
しかし、勇気と男気があるではないか。

「どうして私に声をかけたのか」と聞いたところ、
「優しそうな人だと思ったから」という答えが返ってきました。

なかなか見る目があるではないか。
確かに私は、頭は悪いが優しい方である、と思う。
ドラマとかみて泣くこともあるのだし。

でも結局番号は教えませんでした。
あまりにも長閑な日曜日に、行きずりの男に番号を教えるのかと思うと、心底情けなくなってきたので。

今思えば、あのような出来事を「出逢い」というのでしょう。
そして私の行為こそ、「逃した」ということになるでしょう。

前撮りされるみなさんは、どのような出逢いをされましたか?
個人的に参考にしたい今日この頃です。

明日は大坂城での前撮りです。

ではまた次回★

大阪・京都・神戸「和装前撮り撮影スタジオ」絵理

ふたりの素敵な出逢いのきっかけがきになる!

カテゴリー: スタッフブログ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です